食品・医薬・化学工場向けの高品質ステンレス圧力容器やサニタリータンクを特注品1品から製作します

お気軽にお問い合わせ下さい
046-231-1829
  • HOME
  • 私たちが選ばれる理由
  • 私たちの圧力容器制作メニュー
  • お客様インタビュー
  • 特注圧力容器制作事例
  • 発注までの流れ
  • 技術資料

圧力容器とは

圧力容器とは

圧力容器とは、内部に圧力を保有する容器のことです。大気圧下で液体を貯蔵するタンクとは異なり、内部が大気圧よりも高圧、あるいは低圧となるため、容器の内外部からの圧力に耐えるように設計がされており、規格が必要なものは正式な製造許可を受けた製造現場でなければ製作することができません。たとえば産業用の圧力容器では、化学工場の蒸留塔や食品・飲料工場の「○○タンク」、原子力発電所の放射性物質を保管する容器など、製品の品質や、安全に関わる重要な箇所に用いられています。

1最高使用圧力と内容積による区分
1最高使用圧力と内容積による区分
2胴の内径と長さによる区分(最高使用圧力0.1MPa以下
2胴の内径と長さによる区分(最高使用圧力0.1MPa以下)

圧力容器の分類

圧力容器は設計が不十分なまま製作、使用されると重大な事故やトラブルが発生するため、各国で様々な規格が定められています。日本の場合は、労働安全衛生法により、一般社団法人日本ボイラ協会が定めている規格に従って圧力容器の規格が制定されています。

圧力容器・サニタリータンクの事なら私たちにご相談ください! 046-231-1839